• クライアントサーバシステム

    • クライアントサーバシステムは古くからあるシステムの1つです。クライアントと呼ばれる末端システムとデータを蓄積し、計算などを一手に引き受けるサーバとで構成されます。

      交通費精算システムが勢いに乗っています。

      大規模なシステムになるとクライアントが数百台、サーバも十数台という場合も多くあります。



      このタイプは負荷が増えた際にも対応しやすく、また、各クライアントにおけるコンピュータのスペックが低く抑えることができるので全体としてのコストダウンに繋がると言われています。

      また、昨今のコンピュータのスペックが上がったこともあり、クライアントで行える作業量を増やす場合も増えています。


      例えば計算部分についてもクライアント側で初期計算をしてからサーバに転送することでサーバ側の処理能力をほかに回すなどです。
      そしてこのタイプのもっとも優れているのは処理能力を動的に変化させられることです。



      クラウド型にもすぐに適応できることとも言えます。

      クラウド型は実物のサーバを用意すること無く、クラウド上にあるサーバを利用することになります。

      クラウドにあるサーバは時間貸ししているので必要に応じて使えますし、急な仕事量のアップにも柔軟に対応することができます。

  • 交通費精算システムの秘密

  • 交通費精算システムの学びたい知識

    • システムのセキュリティの決め所

      システムのセキュリティはどこまでやってもこれで完璧だということは考えられないようです。それはソフトウエアは人間が作るものであり、デジタルなものであるからと言われています。...

  • 交通費精算システムの基礎知識・交通費精算システムの納得の知識