• システム開発で使われるサーバ系アプリケーション

    システム開発ではWEB系の技術なしで進むことは少なくなりました。

    多くのシステム開発ではWEBサーバなどの技術を応用した開発が進んでいます。
    開発で使われるサーバ系アプリケーションについてはシステムごとに多くのアプリケーションから決定されます。

    最もよく使われるアプリケーションはApacheと呼ばれるWEBサーバです。


    さまざまなモジュールが提供されており、小規模から大規模まであらゆるWEBサーバ環境として利用できます。
    また、アプリケーションサーバとの連携にも強みがあり、利用が進んでいます。

    交通費精算システムについての情報はこちらです。

    Apacheは機能が豊富なのですが、リソースを使ってしまうことが問題になることが多くあります。
    その場合にはnginxが採用されることがあります。
    nginxは軽量のWEBサーバであり、オープンソースで、少メモリ、高い並列性、高い処理能力が魅力です。



    最近ではApacheの代わりに利用される場合が増えています。



    各種アプリケーションサーバとの連携もできますが、Apacheに比べて実績が少ないようです。
    WEBサーバとしてはアプリケーションサーバも充実しています。TOMCATでは単独でもWEBサーバとして利用できますので小規模開発ではApacheなしで利用される場合も多いようです。

    また、JSPなど動的ホームページの作成にも利用できるのも魅力です。